VORNADO

サポート SUPPORT

よくある質問

1. サーキュレーター

扇風機は人に直接風を当てて涼をとるためのものです。そのため、扇風機が首を振って風が当たらなくなると暑さを感じます。また、長時間当たっていると冷え過ぎてしまい、健康にもよくありません。

一方、サーキュレーターは直進性の高い風で室内の空気を撹拌ではなく、循環させます。部屋全体の空気を動かすため、室内の広い範囲で常に心地よい空気の流れを感じることができ、暑くなり過ぎず、また冷えすぎることもありません。

壁や天井に強い風を当てると周囲の空気を押し出し、押し出された空気は天井や壁を伝わり部屋を一周して戻ります。ボルネードはこの大きな空気の流れを利用して、天井に溜まった暖かい空気と床の冷たい空気を混ぜ合わせ、部屋全体の温度差を解消します。
首を振ると大きな空気の流れが撹拌はしても乱れ、効率的な空気循環の妨げになるため、首振りは必要ないのです。

作り出している風の強さが違うからです。ボルネードの大型タイプのサーキュレーターを「強」設定にすると風は30m先まで届きます。それだけの威力があると風切音(モーター音とは異なる)が発生しますが、その分効果は期待できます。
最初「強」設定で運転を始め、空気の循環を感じられたら「中」または「弱」に調整してみて下さい。

ボルネードは1940年代に 飛行機の空気力学を元に「サーキュレーター」という概念を生み出し、以来約70年の信頼・実績を誇っています。空気を取り入れ、効率よく集中させて強力な竜巻の渦をつくる方法を、空気力学に基づいて計算しているところやプロペラの角度や素材の厚みのような細部まで、長年の研究を元に製品開発をしているところが他の製品とは違います。
特にモーターは、コンパクトな本体に比して強力で大きな物を使用しているため、長時間使用に耐える耐久性があります。

国内で「サーキュレーター」という商品項目ができたのは最近で、風量を測定する基準は統一されていません。メーカーによっては扇風機の風量と同じ方法で数字を算出しており、過大な数字が表示されていることもあります。
ボルネードの数字は米国のサーキュレーター基準に基づいて測定されており、米国内では同種のサーキュレーター比で一番高い値を記録しています。

ボルネードの竜巻風は遠くまで届きますが、ボルネードの圧倒的な循環力は到達距離だけでは生まれません。風の到達距離・風量・風の形状などの相乗効果で実現するものです。いずれかひとつが優れているだけでは実現できないものです。

空気を押し出して動かす方向が違います。 通常のサーキュレーターは、首を天井に向けると部屋の上下方向に空気を循環させることができるのに対し、タワーサーキュレーターは上下の風向き調整がないので、空気は部屋の横方向の循環が中心になります。 そのため、通常のサーキュレーターは、天井の高い部屋でも上下の温度差解消が可能です。風が直接体に当たりにくく、冬場の足元の冷え解消や就寝時の使用にも向いています。一方、タワーサーキュレーターは直接または壁に当たって跳ね返った風を感じることができるので、広い部屋でもいたるところで涼しく感じさせることが可能です。天井の高い部屋の上下の温度差解消には向きません。

大丈夫です。ボルネードのサーキュレーターは24時間365日連続使用することを前提に作られています。ただし、モーター周りについた埃や髪の毛などはモーターに負荷をかけ製品の劣化を早め、故障の原因となりますので、必ず月に一度は点検を兼ねて掃除をしてください。

かつてボルネード製品が輸入された時点では日本の電気安全法の商品カテゴリーに「サーキュレーター」が存在していませんでした。そのためボルネードのサーキュレーターは「扇風機」の一種として分類され、1日8時間の使用が推奨されていました。現在では、「サーキュレーター」として分類されているので、何時間までといった制限はありません。

各製品の取扱説明書をご覧ください。

HPの各商品ページをスクロールダウンし、左端のマークよりダウンロードをしてご覧ください。


2. 気化式加湿器

大丈夫です。蒸気が出てなくてもしっかり加湿されています。
気化式は既に気化した水分を含む空気を放出するので目に見えません。
一方、超音波式やスチーム式では気化する前のミストや水蒸気が放出されるので目に見えます。

以下をご確認ください。

  • タンクの水が減っていない場合
    →フィルターが受け皿の底にしっかり接していて、十分に水を含んでいますか?フィルター全体がしっとり濡れていないとうまく加湿されません。
  • タンクの水が減っている場合
    →加湿はされています。部屋のドアや排気口などが開いていませんか。可能であれば閉じてください。換気扇も必要がなければ停止してください。人の出入りの多さや部屋の構造により、加湿されにくい場合もあります。

「CONT」や「」などの連続運転以外では、設定湿度に到達すると自動でファンを停止するので、故障ではありません。もし連続運転時にファンが止まる場合は、故障の可能性がありますので、販売店あるいは弊社までお問合せください。

湿度センサーはあくまで目安とお考えください。また湿度センサーの位置が吹出し口に近いため、敏感にセンサーが反応して自動停止することがあります。より加湿を求める場合は、設定湿度を「CONT」や「」(連続加湿)にし、風量を「high」に設定してください。

気温により気化する水分量は決まっています。気化式では必要な水分量以上は気化されないので、過加湿にならず結露しにくくなります。超音波式やスチーム式は気温や湿度に関係なく加湿するので、放出された水量が多すぎると結露の原因になります。

フィルターが固くなって水を吸わなくなったら交換時期です。詳しくはHPの製品情報内にあるフィルターの商品ページをご覧ください。

各製品の取扱説明書をご覧ください。

HPの各商品ページをスクロールダウンし、左端のマークよりダウンロードをしてご覧ください。

受け皿に破損が見られなければ、タンクの劣化の可能性があります。タンク上部(黒またはグレー)と透明な部分との間にわずかでも隙間ができると、タンクの真空状態が保たれなくなり必要以上に水が受け皿に流れてしまいます。
タンクの水漏れチェックをしてください。

タンクの水漏れチェック方法:
① タンクに1/4ほど水を入れてキャップを上にしてしばらく置く。
② 黒(あるいはグレー)部分と透明な部分の間から水がにじみ出ていれば、タンクの交換が必要です。
③ タンク購入をご希望の場合は下記の部品販売よりご購入ください。