VORNADO - ボルネード 360-JP エア サーキュレーター モダンモデル 黒

VORNADO

世界中で圧倒的な支持を得ている660のスモールサイズ VORNADO 360-JP Air Circulator Modern 360-JP Black 6〜14畳対応

ホワイト色はこちら

カートに入れる Amazonで購入する ¥9,200 (税別)

光沢とマットな質感のコンビネーションからなる
美しい曲線のデザイン

商品名:ボルネード 360-JP エア・サーキュレーター・モダン
価格:¥9,200+消費税
送料:無料
商品番号:360-JP

小さめの部屋から14畳まで様々な部屋に 360-JP VORNADO 360-JP Air Circulator Modern 6〜14畳対応

“I need one for every room” すべての部屋に欲しい

big comfort for small spaces Powerful Vortex Circulation Moves Air Up To 70 FT.  •  3 Speed Settings Pivoting Head  •  Easy-Clean Removable Grill  •  1 Year Limited Warranty 竜巻技術で室内全体の空気循環  •  風の到達距離18m  •  3段階の風量設定上下のヘッド角度(0~90°)•  お手入れらくらく取外し可能なカバー • 1年保証

回すとわかる快適さ

独自の竜巻風が部屋全体の空気をやわらかく循環させて快適に。
肌にまとわりつくベタつきや足元の冷えを解消。体にかかるストレスを和らげます。

どこにいても心地よい

どこにいてもそよそよと空気が流れて心地よいのがボルネード サーキュレーター。
風が当たっている時しか涼しくならない首振りファンとの大きな違いです。

美しく、使いやすい

真横(0°)から真上(90°)まで好きな所に風を向けて。
首ふり機能はついていません(必要ありません)。
背面にあるスイッチで風量を設定。

使い方のコツ

「強」で運転するのは空気の循環を感じるまでの最初の数分

「強」で運転するのは、ほんの数分です。空気の循環を感じたら、通常は「中」か「弱」で運転してください。

「暑い夏は、部屋のどこにいてもベタつき知らず

エアコンの冷気を循環させると、肌にまとわりつくベタつきが無くなり、体感温度が下がる
エアコンの温度設定も2~3度上げられるので経済的

こもった熱気をまず排出

エアコンをつける前に熱気を排出すると、早く部屋が涼しくなる
その際、サーキュレーターは窓の外に向けて運転
もう一つ窓を開けると更に効果的

冬は、暖房で生じた天井に上がった暖気を足元に降ろして冷え対策に

弱でも循環能力が高いので冬場の温度ムラ解消に大変重宝する
「風が強すぎて寒い」や「風が弱すぎて暖気を循環させられない」という事がない
高い技術力による特長

暖房費節約

上下の温度差を解消すると効率よく部屋全体が暖まるので、無駄な暖房費を削減できる

その他の使い方

エアコンのある部屋から、ない部屋へ強制送風
梅雨時は、床にたまった湿度も循環させて足元さらっと
部屋の隅やタンスの裏など、空気がよどみがちな場所を換気してカビの発生防止に
室内にこもった臭いの換気に、また洗濯物の室内干しの補助にも

circulate all the air in the room Comfort should be constant. A Vornado circulator creates a unique airflow pattern called Vortex Action to circulate all the air in the room. The air flows fast, cool and constant to create a cooling experience unlike any other.  幅  23cm 奥行 25cm 高さ 29cm モデル身長157cm

仕様
モデル番号(型番) 360-JP
電圧(V) 100
周波数(Hz) 50 60
風量
消費電力(W) 48 36 23 44 33 20
回転数(rpm) 1898 1665 1290 1640 1360 1045
風量(m³/分)※1 8.33 7.22 5.47 6.99 5.72 4.36
電気代(1時間)※2 1.29円 0.97円 0.62円 1.19円 0.89円 0.54円
風量調整 強/中/弱の3段階
本体寸法(cm) 幅23×奥行25×高さ29
重量(kg) 2.0
適用畳数(畳) 6~14
保証期間(年) 1
標準価格 ¥9,200(税抜)

※1 風量の数値に関して、この数値は米国の"サーキュレーター"の測定基準に基づいて測定されており、米国内では一番高い値です。日本ではサーキュレーターの風量を計る基準がまだ統一されていないためメーカーによっては扇風機の測定基準を使っているところもあります。その場合サーキュレーターの測定基準より数字が大きくなります。

※2 2014年7月の新電力料金目安単価(1時間 1kw=27円)で計算した金額です。

部品販売